SPONSORED LINK


ホーム>でぶぶの考察シリーズ|ガンバ大阪選手名鑑2015年開幕版(2015.3.17更新)

でぶぶの考察|ガンバ大阪選手名鑑〜2015年開幕版〜

管理人でぶぶはJリーグの開幕以来のガンバ大阪ファンであります。と言っても万博に駆けつけるような熱心なファンではなくテレビ観戦が主ななんちゃってファン(タイトル獲得直後のサッカーダイジェスト、サッカーマガジンの購入は欠かしませんでしたが・・・)。同じくなんちゃってファンである阪神タイガースの選手名鑑(投手編捕手編内野手編外野手編)を作成したので、ついでに積年のファンであるガンバの名鑑も作成しておこう!と思い立ったのであります。例によって適当な選手名鑑を作るであります!

当サイトの別記事をご覧になった方ならご存知かもしれませんが、当サイトの考察は適当かつ偏見的で管理人の思い込みなどによって書かれております。皆様の評価と違う点も多々あるかと思いますが、あまり怒らないでください。

 icon でぶぶのガンバ大阪選手名鑑 〜2015開幕版・GK、DF編〜もあるよ!

SPONSORED LINK


でぶぶ的ガンバ大阪選手名鑑2015|MFとFW編

※J1はJ1での出場試合数、ナビはナビスコ杯での出場試合数、天皇は天皇杯での出場試合数を指します。

遠藤保仁

<背番号>7<ポジション>ボランチなど
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 34
通算 469 93 53 41 10
<てきとう考察>
フィールドを浮遊しているサッカーの妖精。JリーグMVP獲得、日本代表150試合出場など生ける伝説化が進む。30代半ばになり同世代の引退がはじまっている中にあってそのプレー精度は流石だが、若い頃に比べると持続力は衰えていると思うので(致し方ないことだろうが・・・)、カップ戦などでは時々定休日をあげてほしい。コロコロPKはもう蹴らないのだろうか・・・。


二川孝広

<背番号>10<ポジション>攻撃的MF
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 19
通算 392 43 64 45
<てきとう考察>
ガンバの10番といえばこの人。その無口さゆえに数々の伝説を持つ男でもある(管理人は何となく「ムッツリスケベ」という印象を持つ・・失礼!)。遠藤と共に長年に渡ってガンバパスサッカーの象徴とも言える存在であったが、昨季は恐らく「加齢」「怪我」「長谷川監督が求める鬼プレスができるタイプじゃない」等の理由からついにレギュラー陥落・・・管理人からすれば寂しい限りであった。現在のガンバサッカーの型や二川の年齢から考えれば仕方ないことなのかもしれないが、二川がいないガンバの中盤には違和感ありまくりである。


倉田秋

<背番号>11<ポジション>前線色々+ボランチ
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 30 11
通算 116 23 18 23
<てきとう考察>
昔ガンバにいた時は線の細い技巧派ボランチで「そんなに推進力のあるタイプじゃねーよな」と思っていたが、千葉とセレッソ大阪への期限付き移籍から帰ってくると、いつの間にかドリブルでバンバン仕掛けるアタッカーに変貌していた・・こんな変貌けっこう珍しいと思う。運動力、テクニック、スタミナ、ドリブル能力、得点力を高いレベルで兼ね備えているが、何か後一歩足りない感もある(何かはよく分からない)。そこが備われば代表クラスのMFになるんだろうなぁと思っている(贅沢な望みだが・・・)。


阿部浩之

<背番号>13<ポジション>攻撃的MF
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 30
通算 48 10 10
<てきとう考察>
あべちゃん。犬のように走るMF。昨季は完全にレギュラーを獲得。抜群のスタミナで攻守に効いていた(宇佐美が動かない分阿部が動いていた感がある)。入団直後は「ちっさい割に意外とパンチ力あるな」くらいのイメージだったが、たった2年でこれほどの選手になるとは・・・。かつてのポゼッションサッカーではここまでの活躍はできなかったと思われ、長谷川スタイルがマッチしたのだろう。正確な中距離からのシュートは一見の価値あり、倉田と同じく後一歩で代表レベルの選手になれると思う。


今野泰幸

<背番号>15<ポジション>ボランチ、センターバック(ちょっとトラウマ有り)
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 33
通算 326 36 47 33
<てきとう考察>
日本を代表するボランチだったが、何故かセンターバックで日本代表に定着してしまったのが不幸の始まり。鳴り物入りでガンバに入団したがその年にガンバがJ2降格してしまう(セホーン、ロペス、フロントが最大の原因だろうが)、センターバックとしては世界相手には厳しいのにザックに重用されてW杯でトラウマを植え付けられる等不幸の連鎖が続く。人の良さそうな風貌も相まって余計に不幸に見えるという負の連鎖。しかし、昨季後半は吹っ切れたのか、リーグ戦では対戦相手をゴリゴリ削ってるのに「俺何もしてねーよ」なリアクションのダーク今野が降臨、3冠に大きく貢献した。潰し屋型の今野は司令塔型の遠藤との相性もよく、後2〜3シーズンは2人のコンピが楽しめそうだ。


明神智和

<背番号>17<ポジション>ボランチ・右サイド(W杯出たぞ)
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 12
通算 472 26 63 43
<てきとう考察>
鉄人、8人の明神と3人の○○がいれば勝てるbyトルシエ。大ベテランでフル出場は難しそうだが、プレーのキレはそれほど衰えていない。遠藤、今野がファーストチョイスだろうが怪我人が出た時、彼らの休息日、カップ戦などでは「漢・明神」の姿を目撃できるであろう。


大森晃太郎

<背番号>19<ポジション>攻撃的MF
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 24
通算 29
<てきとう考察>
はじめて見た時にはガンバでレギュラーを取れるとは思わなかった。何シーズンかガンバで過ごして、その後J2に期限付き移籍で出されるんじゃないかと思ってた。それが昨シーズンはレギュラー格(しかもガンバの攻撃的MEで!)、びっくらこいた。ただし、倉田や阿部に比べて明らかに優れているかと言われればそんなことはないと思う、長谷川監督にはその運動量や献身性を評価されているのだろう。その圧倒的な運動量を維持したまま、ドリブル突破力と得点力がもうちょい向上すれば不動のレギュラーを狙える。

井出口陽介

<背番号>21<ポジション>ボランチ
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年
通算
<てきとう考察>
ガンバファンからかなり期待されているボランチ。今季はリーグ戦5試合くらい出場して、来季準レギュラーくらいを目指してほしい。


小椋祥平

<背番号>33<ポジション>ボランチ
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 19
通算 142 28 24
<てきとう考察>
マリノスの準レギュラー格のボランチ。長くJ1でプレイしているのでけっこう見ているはずなのだが強い印象はない。パサーではなく泥臭いタイプなので明神の後釜的存在か。ボランチ陣の高齢化が進むガンバにあっては貴重な戦力になってくれなくては困る存在。


内田達也

<背番号>27<ポジション>ボランチ、センターバック(元来のポジション)
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 12
通算 22
<てきとう考察>
ユースから上がったばかりの時はセンターバックであったが、2013年のJ2ではボランチとして後半からレギュラー格に、14年も序盤は出番があったが徐々に出場機会が減少、無難だがインパクト不足という印象を持つ。現在ケガで離脱中だが守備的ポジション(左サイドバック以外だいたいできるのでは)でチームに厚みをもたらす選手だけに早期復帰が望まれる。


その他のMF
妹尾直哉・・・ルーキー
嫁阪翔太・・・ルーキー


リンス

<背番号>9<ポジション>FW
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 26
通算 26
<てきとう考察>
昨季開幕前はFWの軸として期待されていたが、スタメンとしてはなかなかフィットせず。その後「仕上げのリンス」としてブレークしたが、あくまで交代要員としてだった。そこそこの年棒をもらっているのでこの立ち位置についてはチームも本人も納得していないはず、宇佐美パトリックの序列を覆すような活躍をしてほしいし、それだけの潜在能力のある選手だと思っている。プレイが何となく超しなやかに見える。


赤嶺真吾

<背番号>24<ポジション>FW
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 31
通算 236 68 42 17
<てきとう考察>
レギュラークラスのFWだが宇佐美パトリックがいるガンバにあえて移籍。タイプ的に被るパトリックとの競争に勝たなければレギュラーは遠い。スピード、フィジカルでは遠く及ばないと思うのでJリーグで3度の2ケタ得点を挙げた決定力を見せつけたいところだ。


パトリック

<背番号>29<ポジション>FW
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 19
通算 43 16 10
<てきとう考察>
フィジカルモンスター。細かなテクニックは皆無ともいえるが縦のスピードと強じんな肉体はJリーグでは規格外。技術力の高い宇佐美とのコンビがガンバ3冠への推進力となったのは間違いない。対策をこうじられるであろう今シーズンどこまでやれるか・・・。また、技術や決定力という面ではかつてのガンバ助っ人たち(アラウージョ、マグノアウベス、バレー、レアンドロ、ルーカス)に大きく劣るため、オイルマネーに引き抜かれる可能性は低い・・喜んでいいのか悲しんでいいのか。


宇佐美貴史

<背番号>39<ポジション>FW
  J1 得点 ナビ 得点 天皇 得点
2014年 26 10
通算 69 21 10
<てきとう考察>
恐らく今Jリーグで一番毀誉褒貶が激しい人。ボールを持った時の圧倒的な期待感、破壊力、ドリブル、ミドルシュート、スルーパスは間違いなく代表クラスだが、ボールを持っていない時の消えている感、運動量のなさ感も半端ない。宇佐美が運動量を身に着けたら最強なんだろうなと思いながら「そんな宇佐美は宇佐美じゃない」という思いもある・・。とりあえず現在のプレイスタイルでも20得点10アシストくらい記録してくれたらガンバファンとしては何の不満はない(代表には入れないかもしれないが・・・)。スーパーシュートだけじゃなくて簡単なシュートももっと決めてください。

その他のFW
平尾壮・・・ルーキー


このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK