このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK


ホーム>でぶぶの考察シリーズ|阪神タイガース2017年ドラフト雑感(2017年10月28日更新)

でぶぶ的テキトー考察|阪神タイガース2017年ドラフト雑感

まず我らが阪神タイガースの指名選手を復習しましょう。

順位 名前 ポジション 出身
1位 馬場皐輔 投手 仙台大
2位 高橋遥人 投手 亜細亜大
3位 熊谷敬宥 内野手 立大
4位 島田海吏 外野手 上武大
5位 谷川昌希 投手 九州三菱自動車
6位 牧丈一郎 投手 啓新高
育成1 石井将希 投手 上武大

大方の予想通り清宮指名、これは良い決断だと思います。ただし、7球団も競合するとは思いませんでしたね。だって、左打ちの一塁手ですよ。そこまで守備が上手いわけでもないし、足が速いわけでもないですしね。横浜みたいに単独狙いに切り替える球団がもっと出てくると思いましたが、そうはならなかったですね。この7球団競合は清宮がいかに実力とスター性を両備した選手であるかということと、今年が不作の年であるということを表してると思いますね。

抽選は、金本監督がクジを引くときには当たりクジは残っていませんでしたので、金本パワーをさく裂させることはなく清宮は日本ハムへ(涙)阪神は外れ1位で安田に入札します。これも良い決断であったと思います。安田が外れ1位まで残っているとは思いませんでしたし、個人的には「清宮でなくて最初から安田に入札するのもアリかな」と思っていましたので。ただ、安田の時も金本監督がクジを引くときには当たりが残っておらす、安田はロッテへ(涙)

外れ外れは誰に行くのかな?と固唾をのんでテレビ画面を見ていると仙台大の馬場でした。個人的に凄く欲しかった選手というわけではありませんでしたが、注目していた齊藤(明治大・変則サウスポー)、村上(九州学院高・スラッガー捕手)が他球団の外れ1位で指名されており、「残っている1位クラスの選手であれば、近藤投手(岡山大)か馬場投手か石川投手(青藍泰斗高)の誰かかな」と思っていましたので、馬場投手というのは妥当な判断かと思います。少しだけ金本監督が発狂して岩見選手(慶応大)に入札するのを期待していたのは内緒です・・・。

馬場投手はソフトバンクとの抽選になりましたが、やっと当たりクジがある状態でクジを引けた金本監督がクジを引き当てました。もし馬場投手を外していたら次は誰を入札したんですかね?ちょっと興味があります。

SPONSORED LINK


以下各指名選手に対するでぶぶのテキトーな感想


1位 馬場投手

馬力型の剛腕ですね。155キロは楽しみです。リリーフでもいけそうですが、現在中継ぎ陣は一時的に充実状態にありますからとりあえずは先発として育ててほしいですね。制球力を含め欠点も色々とありそうですが、その分ノビシロも無限大という感じで金本監督が好きそうな投手かと(笑)それにしても若手の右投手は充実してきましたね、小野投手、望月投手、才木投手らと150キロ右腕先発軍団を形成してほしいですね。


2位 高橋投手

ここは大体予想通りでしたね、多分高橋投手だろうな〜、と思っていたら何のひねりもなく高橋投手が指名されました。左の150キロでしかも先発タイプという人気が出そうな銘柄にも関わらず(不作の年において)2巡目の後ろの方まで指名されなかったのは、まだまだ素材にすぎないからなのでしょう。大学リーグの成績もドラフト候補としてはそこまでよくありません。ただし、左腕は阪神の最大の補強ポイントでしたし、この段階では高橋投手以上の有力左腕(田嶋投手・東投手・齊藤投手など)は残っていなかったので妥当な指名かと思います。また、阪神は左腕の育成には何故か定評がありますので大成する可能性も十分あるかと。それにしても金本監督は、馬場投手といい高橋投手といい、未完の大器的な豪快なタイプの投手が好きですな(笑)


3位 熊谷内野手

地元奈良学園大の宮本選手(遊撃・謎の打撃フォームが結構好き)がまだ指名されていなかったので「宮本!宮本!宮本いけ!」とつぶやいていましたが、華麗にスルーされ同じ大学生遊撃手の熊谷選手が指名されました。事前に報道で指名の噂が出ていましたが、もっと下位で指名する選手だと思っていましたし地元の有力選手である宮本選手が残っていましたので、「まさかここでくるとは!?宮本やろ〜〜」という感じでした。個人的には遊撃手であれば「藤岡>宮本>熊谷」というイメージでしたからね・・・。指名の理由は理解できないでもないです。宮本選手は打撃・守備・走力の平均値は高いものの、特に打撃に特徴がある総合力タイプだと見ています。たいして熊谷選手は守備力・走力が極めて高い一芸タイプだと見ています。打撃は宮本選手が大幅に上回るでしょうが(熊谷選手の大学リーグの通算打率2割台前半ですしね)、守備と走塁、特に遊撃守備に関しては熊谷選手がかなり上でしょう。守備職人・大和のFA流出が現実味を帯びている現状においては遊撃をきちんと守れる選手を補強するというのは理に適っています(たとえ大和が流出しなくても、まともな守備力で遊撃を守れるが大和しかいないですしね・・・)。打撃はそこまで期待していませんが、今の阪神にほとんどいない粘っこい1、2番タイプの打撃を身に着ければレギュラー定着の可能性はあると思います。宮本選手は個人的には本当に残念ですが、イケメンの熊谷選手にはヤクルトに指名された宮本選手以上の活躍をして、私をテレビの前で「熊谷選手ホンマすいません」と土下座させてほしいです。


4位 島田外野手

足がメチャクチャ速いらしいですね。守備と走塁に特徴のある3位熊谷と同じく一芸タイプの選手と思われます。ただ、熊谷よりは打撃も良いようで大学日本代表に選ばれたり、(地方リーグではありますが)大学通算打率も3割を超えています。この段階では田浦投手(ソフトバンクが5位で指名)が残っていたので彼の指名でもよいのでは?とも思いましたが、4位で島田選手というのも良い指名だと思います。阪神の外野は若手が一見充実しています、高山選手・中谷選手・江越選手・横田選手など他球団ファンでも名前は知っているかな、という選手がチラホラいます。ただ、全員がムキムキ系(高山はちょっと違うかもしれませんが)で所謂「1・2番タイプ」が一人もいないんですね。ですから、1・2番タイプにしかなれないであろう島田選手の指名は一見充実している阪神若手外野陣の穴を埋める理に適った指名だと見ます。後は島田選手が赤星になるのか柴田になるのか・・・。甲子園のセンターを駆けまわって崩壊気味の阪神外野守備陣の救世主となり、赤星のように過労死するほど活躍してほしいです。


5位 谷川投手

社会人の25歳の投手です。今回のドラフトは無難なドラフト(可もなく不可もなくなドラフト)だったと思っとるのですが、唯一この指名だけは疑問でした。この谷川投手近年は調子が良く悪い投手ではないですが、どちらかと言えばオーソドックスなタイプの右腕だと思います。右腕(特に若手右腕)が充実している阪神投手陣において必要性はそこまで高くないタイプだと思うのですがどうでしょうか?この段階では清宮殺しで有名な左腕の櫻井投手(横浜が5位で指名)や東大の宮台投手(日本ハムが7位で指名)などのチームとしてかなり不足している素材型左腕か、地元独立リーグのパワーヒッター田中選手(芦屋大・楽天が5位指名)や怪我の噂もあるものの大学日本代表4番の楠本選手(東北福祉大・横浜が8位指名)などの強打者の素材を指名したほうがチーム強化につながったのではないかと愚考します。もちろん旬の社会人投手ですから来年いきなり中継ぎやローテの谷間で活躍する可能性はあります(年齢を考えれば1年目からいきなり勝負でしょう)。私の懸念をぶっ飛ばすような活躍をしてほしいですね。


6位 牧投手

最近阪神スカウト陣のマイブームになっているのか、今年も素材型(恵体型)高校生右腕を指名です。完成度は低いでしょうがごっつい身体からごっついストレート(152キロ)を投げる将来性十分の投手、面構えもなかなかですね(あと名前も)。この素材型を積極的に指名する路線は続けていってほしいですね、即効性はないですが5年後10年後に効いてくると思います。



全体

「手堅くまとめており悪くないな」という印象です。単純な印象は以下の様な感じです。
1位  超馬力型右腕・速い・ごつい・いかつい
2位  素材型左腕・速い・大学生だけど完成度低い
3位  守備職人系内野手・足も速い・イケメン・打撃力低し
4位  快速系外野手・守備と肩も良し?
5位  25歳の即戦力右腕
6位  素材型高校生右腕・ごつい・速い

ただし、「手堅く」と言っても金本監督の好みが如実に現れており、完成度低いけど球が速い投手や(総合力タイプでなく)一芸タイプの野手が優先して指名されているような気がします。あんまり関係ないですが3位熊谷と4位島田の並びは2008年ドラフトの2位柴田と3位上本の並びを思い起こさせます(笑)



このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK