不倫慰謝料請求に関する示談書や誓約書作成のご依頼をお受けしている行政書士事務所です


示談書とは何か?

■示談書とは契約書の一種です。携帯電話の契約をする際に携帯電話会社さんとかわす契約書、家を借りる時に大家さんとかわす賃貸借契約書、車のローンを組む時にローン会社さんとかわすローン契約書・・・示談書はそれらと同じく契約書なのです。

■不倫トラブルや男女トラブルをお金で解決する場合(中にはお金の支払いが含まれない示談書もあります)、「約束した慰謝料がきちんと支払われるだろうか」「今後のことを約束してもらいたい」「相手方が約束を破った時どうするのか」「200万円も慰謝料を支払うのだからこれ以上請求されたら困る」などの様々な不安を打ち消すために作成するのが示談書だと言えるでしょう。



示談書を作成すべき?

■不倫問題などの示談書の場合、慰謝料をもらう側(債権者)、慰謝料を支払う側(債務者)の双方に作成するメリットがあると言えるでしょう。まず、慰謝料をもらう側(不倫された側)のメリットは「慰謝料の支払いが滞った場合、裁判等によってお金を回収する際の証拠となる」「今後の約束などを記載することにより、今後の抑止力とする」「事実関係をはっきりさせる」「後々相手方から文句を言われないようにする」などが考えられます。

■お金を支払う側(不倫をした側)のメリットは、「(清算の内容を含めた場合には)それ以上の慰謝料請求を防げる」「今後の約束などを記載することにより、相手方からの接触を防ぐ」「後々相手方から文句を言われないようにする」などが考えられます。当事務所へのご依頼では「慰謝料を受け取る側からのご依頼」「慰謝料を支払う側からのご依頼」の割合は半分ずつくらいです。



示談書と誓約書の違いは?

■時々ご相談者から「示談書と誓約書は何が違うのか」と聞かれます。簡単に言いますと、示談書とは契約書なので当事者双方がサインし、当事者双方が同じ示談書を1通ずつ保有します(2通作るということです)。誓約書は当事者の一方がサインしもう一方に渡します(作るのは1通のみです。大抵のケースでは不倫した側が不倫された側に渡します)。誓約書は「慰謝料などの金銭の支払いが発生しないケース」でよく作成されます。



示談書・誓約書作成のご依頼・ご相談をお受けしております

■当事務所は不倫慰謝料問題や男女問題を専門的に取り扱う行政書士の事務所で、内容証明、示談書、誓約書、合意書、公正証書などの作成ご依頼をお受けしております。特にご依頼が多いのは示談書の作成で、毎年かなりの数の示談書を作成させていただいております。

■当事務所では示談書・誓約書作成のご依頼を全国対応でお受けしております。また、ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。



icon ご相談はこちらから




★当事務所の「不倫慰謝料問題・男女問題に関する示談書・誓約書作成」の特徴



@示談書・誓約書作成に関する無料相談に対応しております

■電話、メールでの無料相談に対応しております。何かご質問がありましたらお問い合わせください。
■平日でしたら夜のご相談にも対応しております。例えば夜8時のご相談でもOKです。



A全国からのご依頼・ご相談に対応しております

■不倫慰謝料請求に関する示談書・合意書・誓約書などの作成は全国からのご依頼に対応しております。
■事務所は大阪にありますが、開業以来全国各地からご依頼をお受けしてきました(海外在住の日本人の方からのご依頼もあります)。電話やメールでやり取りできる状況であれば遠方でも問題なくご依頼をお受けできます。



B当事務所に来られなくてもご依頼をお受けできます

■電話、メール、郵便等でやり取りできる方であれば当事務所に来ていただかなくてもご依頼をお受けできます。
■もちろんお近くにお住まいの方で事務所に来られての面談をご希望の方は日時をご予約の上お越しください。



C1万6000円という比較的安価でご依頼をお受けしております

■ご依頼者のご負担も考え、当事務所では示談書や誓約書を1種類につき1万6000円(事務所名や行政書士職印を含める場合は+3000円)という比較的安い価格で作成させていただいております。



D経験豊富な行政書士がご相談・ご依頼に対応します

■当事務所では毎月数多くの示談書を作成しており、作成経験が豊富ですので安心してご相談・ご依頼ください。



E土曜日や平日夜のご相談・ご依頼にも対応しております

■他の事務所が対応しにくい時間帯(平日の夜や土曜日)のご依頼・ご相談にも対応しております。



F「慰謝料を受け取る側」「慰謝料を支払う側」双方からのご依頼をお受けしております

■当事務所では「慰謝料を受け取る側」「慰謝料を支払う側」双方から示談書作成のご依頼があります(割合は半分半分くらいです)。
■示談書作成は双方にそれぞれメリットがあります。「自分のようなケースでは作成するメリットがあるのか」などお悩みでしたらご相談ください。






icon ご相談・ご依頼はこちらから


不倫慰謝料・男女トラブル関連の書面作成|当事務所取り扱い業務のご紹介


それぞれの業務のページがありますので各リンク先もご覧ください。


不倫慰謝料支払いの示談書・合意書作成業務

■「話し合いなどですでに慰謝料の金額が決まっているから内容証明などは必要なく示談書だけを作ってほしい」という方向けのサービスです。
■示談書には「事実関係」「慰謝料の金額や支払い方法」「今後の約束」「約束を破った場合の罰則」「清算」などを記載される方が多いです。ご依頼者のご希望を聞いて何度も修正しますので、ご希望の内容に仕上がります。
■「慰謝料を受け取る側(債権者)」「慰謝料を支払う側(債務者)」両方からのご依頼をお受けしております。

<ご依頼をお受けする場合に必要な費用>
示談書作成費用・1万6000円(ただし、当事務所名を含める場合は+3000円)


※1枚につき1万6000円ではなく、1種類につき1万6000円です。通常使用するのは2枚ですが(慰謝料をもらう側1枚、慰謝料を払う側1枚)、予備を2枚ほどつけて計4枚程度で納品することが多いです(4枚ですが1種類ですから費用は1万6000円です)。

icon 詳しくはこちらからご覧ください

icon ご依頼・ご相談はこちらから



誓約書作成業務

■誓約書は示談書と似ていますが少し違います。まず、示談書というのは契約書です、不倫のケースであれば不倫された側と不倫した側が双方1通ずつ同じ示談書を持ち合うのです。それに対して誓約書は不倫した側が不倫された側に差し出すものです、よって1通作成した誓約書を不倫した側が不倫された側に差し出します。
■誓約書の内容としては「事実関係」「謝罪」「今後の約束」「約束を破った場合の約束」などを記載される方が多いです。誓約書は慰謝料の支払いがないケースで作成されることが多いです。

<ご依頼をお受けする場合に必要な費用>
誓約書作成費用・1万6000円

icon ご依頼・ご相談はこちらから



示談書・誓約書の作成以外にも以下のような関連業務のご依頼もお受けしております!

不倫慰謝料支払いなどの公正証書代理作成業務

■示談書を公正証書化したい方向けのサービスです。
■「慰謝料支払いの公正証書」とは慰謝料が分割払いになった場合などによく作成される強制執行力がある書類です。当事務所では「代理作成」のご依頼をお受けすることが多いです。
■ケースにもよりますが、慰謝料などの金銭の支払いが一括払いの時は作成の必要性はそこまで高くないでしょう。

<ご依頼をお受けする場合に必要な費用>
公正証書代理作成費用・4万8000円(代理人手数料2名分込み)


※公正証書作成は示談書に比べて、作成するための条件が複雑ですのでご希望の方は一度お電話でご相談いただくのがよいです。

icon 詳しくはこちらからご覧ください

icon ご依頼・ご相談はこちらから



不倫慰謝料請求サポート業務

■示談書ではなく相手方に請求文書を送りたい方向けのサービスです。内容証明の作成と発送、相手方から送られてくる文書のチェック、示談書や合意書の作成、ご相談全般に関する対応などをまとめてお引き受け致します。

<ご依頼をお受けする場合に必要な費用>
着手金・1万円(1通目の内容証明郵送料込み)
成功報酬・相手方が支払いに応じてきた金額の8%
示談書作成費用・1万円


※例えば「内容証明で不倫相手に慰謝料200万円を請求した→その後何度か書面のやり取りがあり不倫相手からもらう慰謝料の額が100万円になった→示談書を取り交わした後100万円が振り込まれた」というケースでは、当事務所費用は「着手金1万円+成功報酬8万円+示談書作成費用1万円」という計算で合計10万円となります。
※内容証明を送っても相手方が支払いに応じないケースでは当然成功報酬は発生しません。当事務所費用は着手金1万円のみとなります。
※相手方が弁護士や行政書士に依頼して、相手方が示談書を作成してくるケースもあります。そのようなケースでは示談書作成費用は発生しません。

icon 詳しくはこちらからご覧ください

icon ご依頼・ご相談はこちらから







icon 当事務所のサイトはこちらから


<示談書・誓約書・合意書作成サポートサイト>
■全国対応・無料相談実施中です。
■不倫問題・男女問題の示談書・合意書作成・誓約書作成などのご依頼・ご相談をお受けしております。

神戸 奈良 滋賀 和歌山 京都 名古屋