男女トラブルに関する示談書や合意書作成のご依頼をお受けしている行政書士事務所です



男女交際楷書の示談書・合意書とは何か?

■示談書や合意書とは契約書の一種です。携帯電話の契約をする際に携帯電話会社さんとかわす契約書、家を借りる時に大家さんとかわす賃貸借契約書、車のローンを組む時にローン会社さんとかわすローン契約書・・・示談書や合意書はそれらと同じく契約書なのです。

■しかし、普通男女交際を解消する際に示談書や合意書などを作成するでしょうか?・・・確かに普通は作成しません。ですが、当事務所には「そのような文書を作ってほしい」というご依頼が意外と多くあります。どのようなケースで作成する人が多いのでしょうか?

■以下のようなケースで示談書・合意書を作成することが多いです。

・交際解消にあたって慰謝料・手切れ金などの金銭が発生するケース
 暴力などによって法的に慰謝料が発生するようなケースもあれば、相手を納得させるために手切れ金を支払うケースもあります。

・交際解消にあたってそれまで貸していたお金をきちんと返してもらうケース
 借用書(債務承認弁済契約書)的な内容を示談書・合意書に書くケースもあります。

・今後の接触の禁止などを書きたいケース
 例えば「手切れ金を支払うから今後付きまとわないでくれ」というようなケースがあります。

・長く付き合ったカップルが別れる際に作成するケース
 内縁、同棲などで長期間交際していたカップルが別れる際に様々な決め事を文書に残すようなケースです。これは離婚協議書などに近い内容になることが多いです。

・男性が独身だと偽って女性と交際していたようなケース
 最近意外と多いです(世も末ですが・・・)。女性サイドが慰謝料や解決金をもらう際に作成します。


示談書・合意書作成のメリットとは?

■既婚者の男性が独身だと偽り女性と付き合っていたケースをモデルケースとして、双方の視点から示談書・合意書作成のメリット・デメリットを考えてみましょう。

★慰謝料を支払う側・女性をだましていた男性側の示談書・合意書を作成するメリット
・「清算」を記載することによって、今後のさらなる請求を防げる。
・「守秘義務」などを記載することによって、今後奥さんにばれることを抑止できる。
・危惧している点(今後の接触禁止など)を禁止事項として書き込むことができる。

★慰謝料をもらう側・だまされた女性側の示談書・合意書を作成するメリット
・「慰謝料」の金額や支払い方法を明記することによって慰謝料をとりっぱぐれる可能性が低くなる。
・「事実関係」をはっきり記載することによって、自身が被害者であることを強調できる(不倫関係ではないということを文書に残せる)。
・危惧している点(今後の接触禁止など)を禁止事項として書き込むことができる。
・しっかり文書に残しておくことで、後々「恐喝された」などの文句を許さない。

上に書いたように示談書・合意書を作成することによって将来のトラブル発生を抑止することもできますし、安心感を得ることもできます。特に金銭が動くようなケースでは作成しておいたほうがよいでしょう。



示談書・合意書作成のご依頼・ご相談をお受けしております

■当事務所は不倫慰謝料トラブルや男女トラブルを専門的に取り扱う行政書士の事務所で、内容証明、示談書、誓約書、合意書、公正証書などの作成ご依頼をお受けしております。「男女交際解消についての合意書・示談書」の作成ご依頼も今まで数多くお受けしております。ご質問・ご依頼がありましたらお気軽にお問い合わせください。

■当事務所では示談書・合意書作成のご依頼を全国対応でお受けしております。また電話・メールでのご相談には無料で対応しております。




icon ご依頼・ご相談はこちらから



★当事務所の「男女交際解消の示談書・合意書作成」の特徴



@示談書・合意書書作成に関する無料相談に対応しております

■電話、メールでのご相談は無料です。お聞きになりたいことがありましたらお問い合わせください。
■平日夜のご相談や土曜日のご相談にも対応しております。



A全国からのご依頼・ご相談に対応しております

■男女交際解消に関する示談書・合意書の作成は全国からのご依頼に対応しております。
■当事務所は大阪にありますが、開業以来全国各地からご依頼をお受けしてきました。電話やメールでやり取りできる状況であれば遠方からでも問題なくご依頼をお受けできます。



B1万6000円という依頼しやすい料金設定にさせていただいております

■ご依頼者のご負担も考え、当事務所では示談書や合意書を1種類につき1万6000円(事務所名や行政書士職印を含める場合は+3000円)という比較的安い価格で作成・提供させていただいております。
■ひな形をお渡しするのではなく、お話をお聞きしてご依頼者の状況にあわせた示談書・合意書を作成します。もちろん修正も可能です。



C経験豊富な行政書士がご相談・ご依頼に対応します

■当事務所では毎月数多くの示談書・合意書を作成しており、作成経験が豊富ですので安心してご相談・ご依頼ください。



D「お金を受け取る側」「お金を支払う側」双方からのご依頼をお受けしております

■当事務所では「お金(慰謝料など)を受け取る側」「お金(慰謝料など)を支払う側」双方から示談書・合意書作成のご依頼があります。



icon ご相談・ご依頼はこちらから


男女トラブル関連の書面作成|当事務所取り扱い業務・費用などのご紹介


男女交際解消の示談書・合意書作成業務

■完成した示談書・合意書は郵送でお送りすることが多いです。ご自宅への郵送がまずい場合はご自宅以外(職場、友人宅、郵便局留)にお送りすることも可能です。
■「慰謝料を受け取る側(債権者)」「慰謝料を支払う側(債務者)」両方からのご依頼をお受けしております。

<ご依頼をお受けする場合に必要な費用>
示談書作成費用・1万6000円(ただし、当事務所名を含める場合は+3000円)


icon 詳しくはこちらからご覧ください

icon ご依頼・ご相談はこちらから



男女交際解消の公正証書代理作成

■示談書・合意書に書くような内容を公正証書化したい方向けのサービスです。
■(お金をもらう側からすれば)慰謝料などのお金の支払いが長期の分割払いなどの場合には作成するメリットが大きいでしょう。
■ケースにもよりますが、慰謝料などのお金の支払いが一括払いの時は作成するメリットは小さいでしょう。

<ご依頼をお受けする場合に必要な費用>
公正証書代理作成費用・4万8000円(代理人手数料2名分込み)


※公正証書作成は示談書・合意書に比べて、作成するにあたっての条件が複雑ですのでご希望の方は一度お電話でご相談ください。





icon ご依頼・ご相談はこちらから




icon 当事務所のサイトはこちらから




<男女交際解消の示談書・合意書作成代行サイト>
■全国対応・無料相談実施中です。
■男女交際・男女関係解消の示談書・合意書作成・公正証書作成などのご依頼・ご相談をお受けしております。

神戸 生駒 滋賀 和歌山 京都 名古屋