阪神タイガースドラフト考察2005年ドラフト>鶴直人

2005年高校生1位 鶴直人 超てきとう阪神タイガースドラフト考察

鶴直人選手 年度別成績
年度 球団 試合 先発 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三振 与四球 防御率
06 阪神 1軍出場なし
07 阪神 1軍出場なし
08 阪神 0.0 ーー
09 阪神 1.0 0.00
10 阪神 21 12 76.1 46 30 3.77
11 阪神 22.0 16 3.68
12 阪神 43 57.0 30 16 1.89
13 阪神 20 34.2 17 4.93
通算 91 20 191.0 109 63 3.68


ドラフト的選手評価・・・D

近年は1軍にいる日数も多いが、主力は言えず1軍と2軍を行ったり来たり・・・

超てきとう考察

ナニワ四天王の1人。1軍でチャンスをかなり与えられているが・・・

ドラフト時の印象はナニワ四天王(辻内・平田・T−岡田・鶴)の中で一番地味な人というところだった。なので外れ1位ならともかく阪神が単独1位で指名すると思わずびっくりした。それ以上に管理人は大阪桐蔭の平田の指名を希望していたのでがっかりした(無理ならせめて履正社の岡田を〜と思っていた)。「阪神スカウトは何でこんなに怪我がちな選手が好きなんじゃ!(鶴は肘のケガをしていたと思う)」と思ったものだが、「しなやかな腕の振りと150キロのストレートと切れ味鋭いスライダーかあ〜。まぁ5年後を期待するか」と思っていたら、5年後には鶴はまさしく「阪神っぽい」ピッチャーになってしまっていた(泣)

鶴が1軍で本格稼働し始めたのは2010年だ。先発のマウンドで見たが、感想は「なんじゃこの若々しさのカケラもないピッチャーは!!!」だった。確かに(若手にしては)ある程度まとまりはあるし、ある程度試合も作れる。だが、とにかくストレートの遅さに唖然とした。これが四天王の1人の150キロ右腕か、と・・・。それ以来鶴は毎年ある程度の期間1軍にいる。それなりの成績も残している。だが、何だかパッとしないのだ。

管理人の見た鶴のストレートはだいたい135キロ〜142キロくらいで球速表示以上の威力があるようにも見えない。変化球は一通り投げると思うが、どれも凄い変化球というわけではない。コントロールはまあまあかな・・・。何だか見ていてわくわくしないのだ。大ベテランならこれでいいと思うのだが、鶴はドラフト1位の20代の選手。

2014年現在までの鶴の役割と言えば「谷間の先発」「敗戦処理」「ロングリリーフ」あたりだ。2012年に数字上は好成績を残したがこれは統一球という要素が大きかったと思う。正直今のままでは鶴がこれ以上飛躍する可能性は低いと思う。でも鶴はやけに1軍首脳からチャンスを与えられている。2軍でのピッチングが余程凄いのか、ドラフト1位だからか、はたまたプロの指導者から見れば凄い素質の持ち主なのか・・・。でも鶴もこれだけチャンスを与えられているのだからそろそろ応えないといかんと思う。もう残っている時間はそんなに多くないと思うし。

四天王の名に恥じない150キロのストレートを投げる鶴が見たい(無理ならせめて148キロくらい。そしてコンスタントに140キロ台後半)。今の鶴のままならかわりは2軍にいっぱいいると思う。