阪神タイガースドラフト考察1996年ドラフト>濱中治

1996年ドラフト3位 濱中治 超てきとう阪神タイガースドラフト考察

選手 年度別成績
年度 球団 試合 打席 安打 本塁打 打点 四球 三振 盗塁 打率 出塁率
97 阪神 12 167 167
98 阪神 11 24 409 458
99 阪神 35 78 14 16 200 263
00 阪神 18 267 389
01 阪神 110 475 108 13 53 53 65 263 346
02 阪神 102 404 110 18 51 28 58 301 356
03 阪神 55 201 48 11 48 19 27 273 350
04 阪神 17 40 10 118 250
05 阪神 78 125 31 20 12 36 284 360
06 阪神 139 538 147 20 75 43 80 302 361
07 阪神 62 155 28 14 28 193 239
08 オリ 85 247 55 29 25 50 253 331
09 オリ 26 83 16 12 21 208 253
10 オリ 14 143 143
11 ヤク 14 154 214
通算   744 2428 580 85 311 209 408 17 268 335


ドラフト的選手評価・・・B

活躍期間はそれほど長くないが、活躍期のインパクトの大きさ、主軸打者であったという点からBとした。

超てきとう考察

★ケガだらけの天才打者。管理人に「森のクマさん」と呼ばれる。

濱中はいろんな意味で惜しい選手だ。変化球打ちに天賦の素質を持ち入団1年目から2軍でもかなり起用された。野村政権末期から1軍戦力となり、星野政権ではついに4番を任せられる。順調にステップアップしており、阪神は待望の生え抜き4番打者(しかも20代半ばの!)を手に入れるはずだった。でもケガが・・・ケガが・・・ケガが・・・

打者としてはかなりの才能を持った選手だったと思う。懐の深い打撃フォーム(ぱっと見た感じあまり隙がない)で変化球を苦にしないため三振も少ない。全盛期には直球にも十分対応できるようになっていた、しかも甲子園では有利な右打者。ケガさえなければ、阪神の中軸としてヒット1500本くらいは打っただろう。

度重なる大けがから不死鳥のごとく甦り、2006年には自己最高の成績を残したがそれが最後の意地だった(その年も最後は息切れして何とか3割20本を達成した)

欠点があったとすれば打席であまり殺気を感じなかったことだ(巨人の松井の打席などはブラウン管越しに凄い殺気を感じた)。濱中は風貌が癒し系なのだ。丸顔の癒し系。何だが周囲を和ませるような雰囲気を醸し出している。よって(何がよってか分からんが)管理人は濱中のことを何となく「森のクマさん」と呼んでいた。熊は怖いけど、片仮名に直して「森の」をつけると何となく優しい感じになる。

ちなみに恩師であるはずの岡田監督に2度も放出されてしまった(泣)