阪神タイガースドラフト考察2001年ドラフト>桜井広大

2001年ドラフト4位 桜井広大 超てきとう阪神タイガースドラフト考察

桜井広大選手 年度別成績
年度 球団 試合 打席 安打 本塁打 打点 四球 三振 盗塁 打率 出塁率
02 阪神 1軍出場なし
03 阪神 1軍出場なし
04 阪神 1軍出場なし
05 阪神 1軍出場なし
06 阪神 1軍出場なし
07 阪神 91 291 73 43 22 71 281 346
08 阪神 25 44 13 125 205
09 阪神 103 320 85 12 42 32 53 302 377
10 阪神 89 272 62 30 23 50 255 327
11 阪神 1軍出場なし
通算   308 927 225 30 30 81 187 273 345


ドラフト的選手評価・・・D

CかDで迷ったが年間通して1軍という年が1年もなかったことからDとした。本来は最低でもB評価までいかなければならないほどの素質を持った選手だったと思う。

超てきとう考察

主軸を打てるであろう素質を持っていたが、守備力のまずさと起用法から大成できず

新世代の主軸候補として大いに期待されており、それだけの打撃の素質を秘めていたと思われるがその片鱗を見せたのみで結局大成しなかった。1軍で起用されていた時期には、ある程度の率も残せる上に長打もある打撃を見せており本来であればレギュラーで主軸を務めなければならなかった選手だと思うし、阪神球団もそのようにきちんと育成しなければならなかったと思う。

2軍では1年目から常時出場しており主軸を務めていた。本来であれば2年目あたりから1軍で起用してもよかったと思う。以下が1軍出場が全くなかった2002年から2006年までの2軍での成績である。
2002年 73試合 206打席 45安打  9本塁打 18打点 4盗塁 打率218
2003年 85試合 272打席 77安打  7本塁打 31打点 4盗塁 打率283
2004年 44試合 157打席 45安打  5本塁打 26打点 6盗塁 打率287
2005年 60試合 177打席 62安打 10本塁打 37打点 6盗塁 打率350
2006年 76試合 237打席 69安打 10本塁打 29打点 5当る 打率291

入団2〜3年目あたりから1軍での起用を続けておれば恐らく主軸打者として定着していただろう。特に阪神においてライトは万全のポジションというわけではなかったのだから毎年のように打てない外国人を連れてきていた時期に桜井を起用していればと思う。ただし、桜井にも責任がなかったわけではない大事な時期のケガとヘボすぎる守備のせいでチャンスをつかみきれなかった観もある。

桜井も不完全燃焼感があったのだろう。2011年に解雇された後も現役続行を模索する。四国アイランドリーグでプレイしオファーを待つ。アイランドリーグでは1年目「打率320 10本塁打 44打点」2年目「打率250 10本塁打 59打点」の成績を残したがプロ野球からオファーがなく引退した。

いろいろと黒い噂もあった選手だが、清原っぽいガチガチの打撃フォーム(バットをゆらゆら揺らす落合みたいな打法の時もあった)で打席で存在感もあった桜井は忘れられない。「4番レフト桜井」は夢で終わってしまった。