ホーム>阪神タイガース最凶外国人列伝

このエントリーをはてなブックマークに追加

超テキトー阪神タイガース最凶外国人列伝

疲れ気味の阪神タイガースファンである管理人「でぶぶ」が阪神に在籍したダメ外人(たまに優良外人も有)たちについて、愛情・独断・偏見・怨みなど様々な思いを込めて考察・批評する適当なサイトです。管理人が阪神の野球を本格的に観戦し出したのが1998年の第三次吉田政権中盤からですので、外人様の考察については1999年の野村政権の時の方々からとさせていただきます。

外国人の評価については下記の基準で評価します。主観的妄想に基づく適当な評価ですので、好きだった外国人の評価が低すぎても文句を言わないでください。

外国人の評価について

※外国人の評価は以下のようにA〜Eの5段階で行います。主に阪神在籍期間が評価の対象となります。単に実力だけでなく管理人の好みや愛憎、キャラクターなども考慮されるカオスな評価です。
A・・・超優良外国人  「カミ様、ホトケ様、バース様!!!」
B・・・優良外個人   「ノウミサン!アイシテルー!」
C・・・普通の外国人   年棒分くらいは働いたか・・・
D・・・ダメ外国人   「ノミサン!キライ!」
E・・・害人      「カミノオツゲネ!」

年度別外国人評価

99年の外国人から考察していきます。

★1999年の愉快な外国人たち 監督:野村克也

■リベラとメイと実力ある外国人投手がノムさんと衝突してチームを去る。ブロワーズとジョンソンの両メジャーリーガーは年棒分ほどの活躍はできずこの年限りで退団。2人ともメジャーリーガーっぽくて好きだったが・・・

icon リベラ    2年目。開幕から抑えとして活躍もシーズン途中で退団。ノムとの相性×
icon メイ     前半戦はローテでフル回転も・・ノムとの相性×(泣)怪文書も配布しちゃった(泣)
icon ミラー    途中入団。初見ではインパクトがあったが・・球が速いだけ(泣)
icon ブロワーズ  大物メジャーリーガーの片鱗は感じたが・・外角にバットが届かない(泣)
icon ジョンソン  前半戦19本、後半戦1本(泣)超アッパースイングだった。でも結構好き・・



★2000年の愉快な外国人たち 監督:野村克也

■投手陣で戦力になったのはハンセルくらい、野手陣は三塁レギュラーを期待されたバトルが大外れで三塁手に苦しむことに・・・最終的には打撃は超微妙だが守備力がそこそこ高く他にライバルもいないため6番ライトに定着したタラスコと長打力はないもののある程度のミート力を備えるスイッチヒッター3番サードのハートキーに落ち着いた。

icon ミラー    開幕時はストッパーもすぐに化けの皮が剥がれる(泣)
icon ハンセル   重い速球とチェンジアップで先発ローテーション入り
icon ラミレズ   先発、左の軟投派。2軍では抑えるが1軍では滅多打ち。
icon バトル    打てない三塁手。太りすぎで全く役に立たず。シーズン中に解雇
icon タラスコ   陽気な外人。中途半端な長打力とけっこう高い外野守備力が魅力!?
icon フランクリン 日ハムで99年30本塁打も、そもそも三塁手で起用するのが間違い(泣)
icon ハートキー  ハッスルプレイが持ち味。両打ちで複数ポジション守れる短距離砲。けっこう好き



★2001年の愉快な外国人たち 監督:野村克也

■外国人投手2人は先発ローテーションを全うし合格点も野手は全滅。ただし野手全滅によってシーズン終盤若手を起用せざるを得なくなったのは僥倖か・・・

icon ハンセル  内容は良かったが貧打のせいで防御率3.49なのに5勝13敗(泣)外人版の藪(泣)
icon カーライル 150キロ詐欺(実は135キロ 泣)も何とかごまかして先発ローテを守る
icon クルーズ  オープン戦はバース並に打ちまくる、シーズンでは大豊並の確実性に(泣)
icon ペレス   全然ダメだったが(バトルよりマシという程度)メジャー復帰後は2桁本塁打(泣)
icon エバンス  ペレスダメで緊急補強。日本人並の長打力もイケメン+年棒安いからやむなしか(泣)



★2002年の愉快な外国人たち 監督:星野仙一

■特に投手陣が豪華な陣容で去年の先発ローテーション投手2人(ハンセルとカーライル)が2軍で待機。野手ではアリアスが可もなく不可もなくな成績(阪神においては成功と言える)で戦力になる。虎のタイソンとして絶大なインパクトを残したホワイトはシーズン半ばから目撃できなくなった。

icon ハンセル  ケガ+外国人枠の関係で出番なし。実力はあっただけにもったいない
icon カーライル あの球威ではやはり2年目は厳しかったか・・。実質外国人投手4番手
icon ムーア   井川と共にローテの中心に。投球より打撃のほうが印象深い
icon バルデス  モミアゲ魔神。軟投派ストッパー。防御率1点台もなぜか自由契約に(泣)
icon エバンス  出番無く西武にトレードされる。トレード後にそこそこ活躍
icon アリアス  オリックスのお古を獲得。何とか年棒分くらいは働く!?
icon ホワイト  虎のタイソン。テスト入団と考えれば頑張ったほうか・・・



★2003年の愉快な外国人たち 監督:星野仙一

■金本のFA補強、若トラの覚醒によって野手陣は充実していたため助っ人はアリアス1人。その分の枠は投手陣で使うことになる。メジャーで実績のあったポートは役立たずだったが、ムーアが一応2ケタ勝利をあげ(後半は大失速・・・)、ウィリアムスとリガンは勝利の方程式入り。投打の助っ人が優勝に大きく貢献した。

icon ムーア    後半失速。慣れられた感もあり自由契約に。打撃力は秀太、藤本よりは上だった
icon ポート    抑えとして獲得も速球がピンポン球のように打たれた(泣)
icon ウィリアムス 殺人スライダーで抑えの役目果たす。この年は速球は普通の速さだった
icon リガン    緊急獲得で中継ぎとして活躍。打たれそうだが何故か打たれなかった
icon アリアス   主に6番で100打点超え。点差が開くと打棒爆発。なんか新井さんみたい



★2004年の愉快な外国人たち 監督:岡田彰布

■前年から引き続き在籍しているウィリアムスやアリアスは最低限の成績を残したが、新たに獲得した外国人は総崩れ(泣)特にキンケードの活躍ぶりは阪神ファンの記憶に深く刻まれた(泣)

icon ウィリアムス そこまで悪くはないがちょっと不調気味。五輪では日本代表の完全封殺に成功(泣)
icon リガン    昨年に引き続き活躍も故障して消えた(泣)
icon モレル    みんなそんなに期待してなかったと思うが、だいたい想定通りの成績残す(泣)
icon ホッジス   緊急補強。ヤクルトホッジスの弟。兄貴の劣化版だった(泣)
icon マイヤーズ  緊急補強。右の中継ぎ。正直あんまり印象に残っていない
icon アリアス   そこそこの成績だったが首脳陣についに見切られたか、この年限りで自由契約
icon キンケード  今年最大の収穫。最凶死球野郎。自分で足出して当たってた(号泣)



★2005年の愉快な外国人たち 監督:岡田彰布

■ウィリアムスとシーツは投打の主力の一人として優勝に貢献、それぞれ最強リリーフ陣の一人、クリーンナップの一人だったので貢献度は高いだろう。ダーウィンは育成期間でスケベ外人とブラウンは限定的な活躍。

icon ウィリアムス JFK結成1年目。何故か速球のスピードが上がり出す・・・
icon ブラウン   右の先発候補。すごく悪いわけではないが外国人枠使うほどの投手じゃない
icon ダーウィン  最初から第三の外国人として獲得。けっこう年いってたけど育成枠的選手
icon シーツ    広島から強奪。無駄に高い一塁守備力。シーツ先生は意外と短気だった・・
icon スペンサー  一応戦力だったが物足りなさすぎる。でも何故か残留。



★2006年の愉快な外国人たち 監督:岡田彰布

■ウィリアムスは相変わらず無双状態でシーツは阪神在籍期間で最高の成績。後の3人は微妙・・・。

icon ウィリアムス  無双状態。速球のスピードが更に上がる・・・
icon ダーウィン   ロングリリーフなどで活躍。「クビアン君よくがんばりました」という感じ
icon オクスプリング 名前言いにくい。助っ人っぽくない右の先発。可もなく不可もなくな感じ
icon シーツ     打撃は好調。守備は鉄壁。三振意外と多し。
icon スペンサー   予想通りというか・・・前年と同じような成績。自由契約に・・・



★2007年の愉快な外国人たち 監督:岡田彰布

■ウィリアムスは神に限りなく近い状態となったが他の3投手は何とも微妙な成績・・・今季補強の目玉であった汗かきボーク野郎はコストパフォーマンスが悪すぎたし、イケメンボーグルソンは球は速いけど成績は微妙、3年目のダーウィンは「ダーウィンにしては頑張ってるなぁ」という成績だが助っ人しては物足りない成績・・・まぁ先発投手陣が壊滅的だった年なので皆いなければ困ったことになっただろうが。唯一の助っ人野手シーツは年齢的に限界か・・

icon ウィリアムス 防御率0点台突入。神の領域へ。左横手から155キロって・・・
icon ダーウィン  このあたりが限界か・・・クビアン君3年間よくがんばりました
icon ジャン    井川の後継として3億円で獲得。記憶に残るのは異常な汗かきだったことのみ(泣)
icon ボーグルソン そこそこの成績とキレイな嫁さんで何となく残留。球は速い。
icon シーツ    三塁を守ったり起用法が安定せず。年齢的にも限界だったか・・・



★2008年の愉快な外国人たち 監督:岡田彰布

■補強した新井さんと平野が奮闘するなど特に日本人選手が頑張った年。外国人選手で主力と呼べるような活躍をした選手はいなかった(期間限定であればウィリアムスやアッチソンは頑張っていた)。

icon ウィリアムス ついに終わりの始まりへ。まぁ投げさせすぎだわな(泣)
icon ボーグルソン 2年続けて微妙な成績で自由契約に。でもオリックスが獲得
icon アッチソン  イタリアンマフィアみたいないかつい風貌。開幕は先発も中継ぎ転向後に真価発揮
icon リーソップ  緊急補強。「たま速いだけ」という印象だが何故か残留
icon オヘイダ   育成枠。バルディリスが一人だけだったら寂しいから獲得枠
icon フォード   見た目その辺のおっさん。このおっさんがメジャーで活躍したという事実に驚愕
icon バルディリス ヒロシ。2軍では主軸。1軍でもどんでんにけっこう起用される



★2009年の愉快な外国人たち 監督:真弓明信

■この年最大の活躍を見せたのはアッチソン。その鬼神の如き活躍は凄まじかった(でも投げさせすぎ 涙)。ただし長年阪神リリーフ陣を支えてきたウィリアムスがついに再起不能に・・・(号泣)打者ではメンチが近年稀に見る害人ぶりを発揮したが、途中入団のブラゼルが魂の活躍を見せ何とか穴を埋めた。不可解な起用法にも泣いたバルディリスはシーズンオフにどんでんを追うようにオリックス移籍、翌年からオリックスで才能を開花させることになる(涙)

icon ウィリアムス グッバイジェフ!!JFKついに再建不能に(泣)
icon アッチソン  セットアッパーとして鬼神の如き活躍。この年の安定感はJFKより上だった
icon リーソップ  1軍出場なしで自由契約。やはり「たま速いだけ」だった
icon ジェン    台湾の大学から獲得。150キロの評判も基本的には変化球中心の技巧派
icon バルディリス 外野での起用など、起用法に問題ありな気が・・どんでんを追ってオリックスへ
icon メンチ    見た目だけ。1軍ではフォードより打てず・・・害人度極めて高し(泣)
icon ブラゼル   緊急補強。チームの打撃力は上がったが守備力は低下(泣)



★2010年の愉快な外国人たち 監督:真弓明信

icon ジェン     2軍では主力も外人枠の関係で1軍出場1試合(泣)日本人扱いだったら・・・
icon メッセンジャー 城島が推薦。中継ぎとして獲得も打たれて先発転向。何となく残留
icon フォッサム   軟投派左腕。予想通り通用せず2軍へ(泣)
icon スタンリッジ  緊急補強。大当たりで久保と先発ローテーションを支える
icon ブラゼル    大覚醒の47本塁打。出来過ぎの印象あり
icon マートン    まさか自前の外国人打者で成功するとは・・この時はちゃんと中堅を守っていた



★2011年の愉快な外国人たち 監督:真弓明信

icon メッセンジャー まさかの覚醒。完全に先発ローテーションに定着
icon スタンリッジ  先発ローテーションを守るも9勝止まり。勝ち運の無さを垣間見せはじめる(泣)
icon ジェン     相変わらず外国人枠の関係でチャンスなし
icon ザラテ     日本の独立リーグから獲得。育成枠。左横手から150キロも制球×
icon ブラゼル    打率はそこそこだが本塁打が激減
icon マートン    2年連続最多安打は流石だがインパクトは薄れる
icon ベキオナチ   育成枠の選手だが見たことがない(泣)



★2012年の愉快な外国人たち 監督:和田豊

icon メッセンジャー 安定した投球内容でエース級の活躍。とんこつラーメン
icon スタンリッジ  阪神ファンから負け運の持ち主と認識される。防御率は良いのに何故?(泣)
icon ジェン     いつの間にか右横手投げに。相変わらず2軍では無双だが1軍では出番なし
icon ザラテ     支配下登録されるもまだ1軍レベルではない。球が速いだけ
icon ブラゼル    終盤は首脳陣に見切られた感じ。打ってナンボの選手なので仕方ないか
icon マートン    「アイ ドント ライク ノウミサン〜!」これに集約されるシーズン



★2013年の愉快な外国人たち 監督:和田豊

icon メッセンジャー ついに奪三振のタイトル獲得。阪神のエースになった
icon スタンリッジ  安定した投球も極度の負け運は解消されず。呉獲得のためにまさかの退団(泣)
icon ザラテ     怪我さえなければ・・・最大のチャンスを逃し2軍止まりに・・・(泣)
icon ボイヤー    球威があってそこそこ活躍したが・・・
icon マートン    「ノウミサン アイシテル〜〜」・・・マートンは華麗に復活した。
icon コンラッド   阪神ファンに久々に素敵な時間を提供した助っ人。打点0って・・・(泣)



★2014年の愉快な外国人たち 監督:和田豊

icon メッセンジャー フル回転で最多勝。この年もエース。
icon オスンファン  それほど石直球じゃなかったけど不動のリリーフエース。いなけりゃやばかった
icon マートン    初の首位打者(意外・・)。序盤戦は神レベル。
icon ゴメス     ダメ外人臭プンプン漂わすが、まさかの打点王獲得!顔怖い・・



★2015年の愉快な外国人たち 監督:和田豊

icon メッセンジャー 
icon オスンファン  
icon サンティアゴ  
icon マートン
icon ゴメス
icon ペレス





※本サイトの作成にあたっては下記サイトの情報、各種書籍、管理人の曖昧な記憶を参考にしております。
■各年度プロ野球選手名鑑(日刊スポーツクラブ刊)
■野球小僧、野球太郎(白夜書房、廣済堂出版)
■各種スポーツ雑誌(ナンバー、スポルティーバ等)
icon 阪神タイガース公式サイト
icon 日本野球機構オフィシャルサイト
icon ウィキペディア

このエントリーをはてなブックマークに追加